コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太刀・大刀 たち

大辞林 第三版の解説

たち【太刀・大刀】

〔「断ち」の意〕
(短小の「かたな」に対して)長大な刀剣を総称していう。 「八雲立つ出雲梟師たけるが佩ける-/日本書紀 崇神
(刃を上に向けて腰帯に差した「かたな」に対して)刃を下に向けて腰につり下げる刀剣。 〔古墳時代から奈良時代までに見られる直刀を「大刀」と書き、平安以降の反り刀を「太刀」と書き分けることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android