太刀・大刀(読み)たち

大辞林 第三版の解説

たち【太刀・大刀】

〔「断ち」の意〕
(短小の「かたな」に対して)長大な刀剣を総称していう。 「八雲立つ出雲梟師たけるが佩ける-/日本書紀 崇神
(刃を上に向けて腰帯に差した「かたな」に対して)刃を下に向けて腰につり下げる刀剣。 〔古墳時代から奈良時代までに見られる直刀を「大刀」と書き、平安以降の反り刀を「太刀」と書き分けることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たち【太刀・大刀】

〘名〙
① 長大な刀の総称。短小の「かたな」に対していう。
※書紀(720)崇神六〇年七月・歌謡「や雲立つ 出雲梟師(たける)が 佩ける多知(タチ) 黒葛(つづら)多巻(さはま)き さ身無しにあはれ」
② 刃を下に向けて腰につり下げる長大な刀の称。刃を上に向けて帯に差す「かたな」に対していう。儀仗の太刀、兵仗の太刀それぞれに各種類がある。
※宇津保(970‐999頃)あて宮「たちを抜き、きらめかして、かたはしより追ひはらひて」
※太平記(14C後)二「我は元来太刀も刀も持ず、只人の太刀を我物と憑(たのみ)たるに」
③ 「たちうお(太刀魚)」の略。〔弘治二年本節用集(1556)〕
[語誌](1)「十巻本和名抄‐五」の記載によると、「たち」は片刃の大刀、「かたな」は片刃の小刀、「つるぎ」は両刃のものを指したらしいが、上代では、「たち」は両刃・片刃にかかわらず長刀を総称していったらしい。
(2)平安時代以降、反刀(そりがたな)が用いられるようになるとともに、「たち」は「大刀」から「太刀」と書かれるようになり、さらに近世以降は、刃を上にして帯にさす打刀(うちがたな)が流布し、その二腰を大刀・小刀と称したので、それとの混同を防ぐため、「たち」は太刀と書くのが慣例になった。
(3)現在、古墳時代以後、奈良時代までの直刀(ちょくとう)を「大刀」、平安以降の反刀(そりがたな)を「太刀」と書いて区別している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android