太刀・大刀(読み)たち

大辞林 第三版の解説

たち【太刀・大刀】

〔「断ち」の意〕
(短小の「かたな」に対して)長大な刀剣を総称していう。 「八雲立つ出雲梟師たけるが佩ける-/日本書紀 崇神
(刃を上に向けて腰帯に差した「かたな」に対して)刃を下に向けて腰につり下げる刀剣。 〔古墳時代から奈良時代までに見られる直刀を「大刀」と書き、平安以降の反り刀を「太刀」と書き分けることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android