コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安堵[町] あんど

百科事典マイペディアの解説

安堵[町]【あんど】

奈良県北西部,生駒(いこま)郡の町。1986年町制。町名は古代〜中世の荘園安堵荘に由来。奈良盆地のほぼ中央を占め,南部の大和川富雄川などの諸支流と合流する盆地底にあたり,古くから水害が多く,河川改修が進められてきた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんど【安堵[町]】

奈良県北西部,生駒郡の町。人口8941(1995)。1986年町制。町名は古代~中世の荘園安堵荘に由来する。東の岡崎川,西の富雄川,南の大和川に三方を囲まれた低湿地を占め,古くから水害が多く,河川改修が進められてきた。主要産業は製造業で,西名阪自動車道の開通によって住之江織物などの工場進出が続いた。皮革加工などの地場産業もあり,製造業就業人口は全就業者の4割を占めている。町域の半分を水田が占め,稲作を中心とする農業が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

安堵[町]の関連キーワード富本憲吉