コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷島[町] しきしま

百科事典マイペディアの解説

敷島[町]【しきしま】

山梨県中央部,中巨摩(なかこま)郡の旧町。北部は亀沢川流域の山村南部甲府盆地に臨む荒川扇状地の水田地帯で養蚕も盛ん。南部地域は,甲府市西郊の都市化で,住宅地化が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきしま【敷島[町]】

山梨県中央部,中巨摩(なかこま)郡の町。人口1万7713(1995)。甲府盆地北西端に位置し,中央本線が通じる。平安時代は志麻荘に属した。中心の島上条は北山筋の旧宿場町で大正中期まで米や薪炭集散地としてにぎわった。北部の山地では養蚕と林業を主体に農林業が営まれてきたが,近年はブドウスモモなどの果樹や茶の栽培が盛ん。南部の沖積地はおもに水田に利用されてきたが,近年甲府市近郊の住宅地として都市化が進み,在来製糸業のほか,製造業を中心に工場が進出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

敷島[町]の関連キーワード甲府[市]昇仙峡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敷島[町]の関連情報