鳳(漢字)

普及版 字通「鳳(漢字)」の解説


人名用漢字 14画

[字音] ホウ
[字訓] ほうおう・おおとり

[説文解字]
[甲骨文]

[字形] 形声
声符は(凡)(はん)。卜文の字形にはを加えないものがあり、その字は〔説文〕にみえる古文の字形に似ている。もと風の意に用い、卜文は鳥形にの声符を加える。風はこのの飛翔によって生じ、四方の方神に、天馳せ使いとして仕える風神があり、四方の風神にそれぞれの神名があった。鳳が神鳥とされるのは、その伝承による。〔説文〕四上に「鳥なり。天老曰く、鳳の象なり」としてその異相を列挙し、東方君子の国より出て、四海の外に翔(こうしよう)し、崘(こんろん)より西して弱水に羽を濯(あら)い、(くれ)に風穴に宿るという。四方風神のことは〔山海経〕にもみえ、また〔書、尭典〕に四方羲和(ぎか)の治とされるもののうちに、風神の名が残されている。瑞鳥鳳凰のことは〔詩、大雅、巻阿(けんあ)〕に「鳳皇鳴きぬ 彼の高岡に 梧桐生ず 彼の陽に」と歌われている。〔巻阿〕は〔万葉〕の吉野遊幸のような性質の詩である。

[訓義]
1. ほうおう。
2. (ほう)と通じ、おおとり。

[語系]
鳳bium、(鵬)bngは声近く、卜文の字形によって考えると、もと同源の字である。〔荘子、逍遥遊〕にみえる鵬は、モンスーン地帯における颱風(たいふう)現象を背景とする説話であろう。風piumはその神話的性格を失って、分化した語とみられる。

[熟語]
鳳鞋・鳳鳳幃・鳳羽鳳楹鳳掖・鳳苑・鳳凰・鳳音鳳駕・鳳蓋・鳳冠・鳳管鳳銜・鳳紀・鳳儀・鳳挙鳳髻・鳳穴鳳闕・鳳語鳳釵・鳳姿・鳳字・鳳児・鳳車・鳳鳳笙鳳詔・鳳城・鳳吹・鳳雛・鳳藻・鳳団・鳳竹・鳳鳥・鳳笛・鳳頭・鳳徳・鳳尾・鳳舞鳳餠・鳳鳴・鳳毛・鳳門・鳳友鳳輿・鳳翼鳳鸞鳳侶・鳳・鳳暦鳳輦・鳳楼
[下接語]
鳳・玄鳳・孤鳳・綵鳳・鳳・祥鳳・翔鳳・神鳳・翠鳳・瑞鳳・雛鳳・対鳳・丹鳳・鳳・銅鳳・鳴鳳・翼鳳・鸞鳳・竜鳳・鳳・霊鳳・

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android