コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厄介 ヤッカイ

デジタル大辞泉の解説

やっ‐かい〔ヤク‐〕【厄介】

[名・形動]
めんどうなこと。扱いに手数がかかり、わずらわしいこと。また、そのさま。「厄介なことに巻き込まれる」
めんどうをみること。また、世話になること。「親の厄介になる」
他家に寄食すること。居候(いそうろう)。
面倒(めんどう)用法
[派生]やっかいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やっかい【厄介】

( 名 ・形動 )
面倒で手間のかかること。迷惑なこと。また、そのさま。 「 -をかける」 「 -な仕事を引き受ける」
面倒をみること。世話すること。 「御-になります」 「一晩-になります」
他家に寄食すること。また、その人。居候。食客。 「それが奉公人でもなく、-でもなく、泊客でもなければ、万更預りものでもない/多情多恨 紅葉
江戸時代、家長の傍系親族で扶養されている者。
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の厄介の言及

【家】より

…すなわち当主とその配偶者と直系血族である。もし傍系の者が同居する場合にはこれを厄介と称した。 近世では武士の主従関係は封禄の給付によって結ばれたものであるから,戦乱期のように一家・一門を率いて軍陣に臨むことはなくなり,その封禄に応じた軍役または公役をもって奉公すればよいことになったのである。…

※「厄介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厄介の関連キーワード金請けするとも人請けするな居候三杯目にはそっと出しノイジールームメート足手纏い・足手纒い倅・悴・伜・忰手まめ・手忠実農産物価格政策しち面倒臭い世話を掛ける厄介もっかい熨斗を付けるパラサイト世話になる背負い込むセモニデス食らい込む東京物語厄介払いのほほん幅をする

厄介の関連情報