厄介(読み)ヤッカイ

デジタル大辞泉の解説

やっ‐かい〔ヤク‐〕【厄介】

[名・形動]
めんどうなこと。扱いに手数がかかり、わずらわしいこと。また、そのさま。「厄介なことに巻き込まれる」
めんどうをみること。また、世話になること。「親の厄介になる」
他家に寄食すること。居候(いそうろう)。
面倒(めんどう)[用法]
[派生]やっかいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やっかい【厄介】

名 ・形動
面倒で手間のかかること。迷惑なこと。また、そのさま。 -をかける -な仕事を引き受ける
面倒をみること。世話すること。 御-になります 一晩-になります
他家に寄食すること。また、その人。居候。食客。 それが奉公人でもなく、-でもなく、泊客でもなければ、万更預りものでもない/多情多恨 紅葉
江戸時代、家長の傍系親族で扶養されている者。
[派生] -さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やっ‐かい ヤク‥【厄介】

〘名〙 (「厄会」の変化したものか。一説「家居(やかい)」の意とも)
面倒をみること。世話をすること。また、他の面倒や世話を受けること。また、その人や、そのための費用。
※多聞院日記‐天正一〇年(1582)三月九日「畑の親類衆やつかいのよし歎間、為合力也」
他家に寄食すること。また、その人。食客。居候。やどかり。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「ゑりうすき衣かたしくす浪人〈雪柴〉 住持のやっかい小莚の月〈正友〉」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「奉公人でもなく、厄介でもなく、泊客でもなければ、万更預りものでもない」
③ 江戸時代、一家の当主の傍系親でその扶助を受ける者。生家に寄食して相続者に養われる次男、三男など。
※御触書天保集成‐七五・寛政三年(1791)五月「生涯厄介にても、物之師範等致し候者抔は、不残可被書出候」
④ (形動) 面倒なこと。手数のかかること。わずらわしいこと。また、そのさま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「さて厄介(ヤッカイ)な人間世界」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の厄介の言及

【家】より

…すなわち当主とその配偶者と直系血族である。もし傍系の者が同居する場合にはこれを厄介と称した。 近世では武士の主従関係は封禄の給付によって結ばれたものであるから,戦乱期のように一家・一門を率いて軍陣に臨むことはなくなり,その封禄に応じた軍役または公役をもって奉公すればよいことになったのである。…

※「厄介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厄介の関連情報