コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード[湖] エドワード

世界大百科事典 第2版の解説

エドワード[湖]【Lake Edward】

アフリカ中東部,コンゴ民主共和国とウガンダの国境にまたがる湖。アフリカ大地溝帯内にあり,湖面標高912m,面積2150km2,最大深度111mを示す。北岸からセムリキ川が流出して北北東アルバート湖へ注ぎ,さらに白ナイル川となる。北東のジョージ湖とはカジンガ水路で結ばれる。水質は強アルカリ性であり(カワスズメの仲間のテラピア類などが豊富),付近はツェツェバエハマダラカが密に分布するため,生活には不向きである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エドワード[湖]の関連キーワードアルバート[湖]白ナイル[川]

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android