コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード[3世] エドワード

2件 の用語解説(エドワード[3世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エドワード[3世]【エドワード】

プランタジネット朝イングランド王(在位1327年―1377年)。エドワード2世の子。スコットランドに勢力を伸ばしたほか,フランドル地方の実権を得るため,フランスカペー朝が断絶したのに乗じ,王位継承権を主張して出兵し百年戦争を開始した。
→関連項目エドワード[黒太子]クレシーの戦ジョン・オブ・ゴーントバロア朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エドワード[3世]【Edward III】

1312‐77
プランタジネット朝イングランドの王。在位1327‐77年。父王エドワード2世廃位の翌年に即位したが,政治の実権は母后イザベラ(フランス王フィリップ4世の娘)とその寵臣モーティマーRoger de Mortimerにあった。1330年に王はモーティマーを処刑,また母后を監禁して統治の実権を獲得した。治世50年間にイギリスは内外に一時期を画する展開を示した。 当時フランスではカペー朝が断絶しバロア朝フィリップ6世が即位(1328)したが,王は母后の血統を根拠にフランスの王位継承権を主張し,1337年開戦した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエドワード[3世]の言及

【百年戦争】より

…1360年のブレティニー・カレー条約までを第1期,1415年のアザンクールの戦,もしくは1420年のトロアの和約の前と後を第2期,第3期に分けることができる(図)。
[ブレティニー・カレー条約まで]
 1337年,フランス王フィリップ6世(在位1328‐50)は,1328年に彼が即位したときイギリス王エドワード3世がアキテーヌ(ギュイエンヌ)公領について彼に立てた臣従誓約に不備があったと言いたてて,公領の没収を宣言した。エドワード3世はこれに対し,フィリップ6世を〈自称フランス王〉と呼び,フランス王の封臣としての立場を自ら解除した。…

【プランタジネット朝】より

…別にアンジューAnjou朝ともいう。イングランド中世のほぼ全時代を支配したが,14世紀初頭のエドワード1世の治世の終りをもって前期と後期に分けられる。
[前期]
 プランタジネット朝はスティーブン王の内乱時代の後をうけてヘンリー2世(在位1154‐89)の即位とともに始まるが,彼は父方よりアンジュー,メーヌ,トゥーレーヌを,母方よりノルマンディーを,また王妃エレアノール(もとフランスのルイ7世の王妃)よりアキテーヌを得て広大な〈アンジュー帝国〉の主君たる地位を占めた。…

※「エドワード[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エドワード[3世]の関連キーワードインターネットワーキングサイバービジネスインターネット・マーケティング・リサーチプランタジネット朝インターネットビジネスインターネットマーケティングネットショッピングインターネットスラングネットスラングインタープラネット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone