コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード[8世] エドワード

百科事典マイペディアの解説

エドワード[8世]【エドワード】

もと英国王。ジョージ5世の子。第1次大戦に従軍。社会問題に関心深く,スポーツを好み,人望が厚かったが,1936年即位後まもなく離婚歴のある米国人シンプソン夫人との結婚問題から同年末退位。
→関連項目ジョージ[6世]ボールドウィン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エドワード[8世]【Edward VIII】

1894‐1972
イギリスの国王。在位1936年。ジョージ5世の長男。皇太子時代,海軍に入り第1次世界大戦に従軍。戦後世界各国を歴訪し,帰国後国内を視察,上下各層と交わり社会問題に関心を示した。1936年国民の期待を集めて即位したが,離婚歴を持つアメリカ生れのシンプソン夫人との結婚を決意し,同年王位を捨て国外に退去,ウィンザー公Duke of Windsorとして彼女と結婚した。【池田 清】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエドワード[8世]の言及

【シンプソン夫人】より

…1927年アメリカ合衆国海軍士官と離婚,翌年ロンドンの船舶業者アーネスト・シンプソンと再婚し,ロンドンの社交界の花形となる。31年に知り合ったイギリス皇太子は,36年エドワード8世として即位したが,彼女との結婚を望み,同年退位しウィンザー公と称した。彼女は同年離婚,翌37年フランスで公と結婚して,世界的な話題をまいた。…

※「エドワード[8世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android