コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイピリーニャ 〈ポルトガル〉caipirinha

デジタル大辞泉の解説

カイピリーニャ(〈ポルトガル〉caipirinha)

《田舎者の意》カクテルの一種。ブラジルの蒸留酒カシャッサに、ライムと砂糖を加え、細かく砕いた氷を入れたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカイピリーニャの言及

【カシャッサ】より

…16世紀以来ブラジルの社会形成に最も力のあった砂糖産業の副産物として生産され,階層を超えて親しまれてきたこの酒は,ブラジルの国民酒であり,数々の民謡・民話等で民俗的インスピレーションの源泉となっている。つぶしたレモンと砂糖とを加えたものをカイピリーニャという。【前山 隆】。…

※「カイピリーニャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイピリーニャの関連キーワードカシャーサ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイピリーニャの関連情報