コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵酒 タマゴザケ

デジタル大辞泉の解説

たまご‐ざけ【卵酒】

酒に鶏卵の黄身と砂糖を加え、温めた飲み物。寒さ防ぎや風邪のときに用いる。 冬》「岡惚(おかぼれ)で終りし恋や―/草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

卵酒【たまござけ】

日本酒に鶏卵を混ぜた飲物。酒に砂糖少量を加え弱火にかけ,攪拌(かくはん)した鶏卵を入れて混ぜながら温める。栄養があり体が暖まるのでかぜの民間療法として知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまござけ【卵酒】

鶏卵を清酒にまぜた飲物で,感冒などによいとされる。《料理物語》(1643)によれば,卵をときながら冷酒を加え,塩で味をつけ,燗(かん)をして供するとある。また《本朝食鑑》(1697)には黄衣(麦こうじ)を5倍量の水,半量の砂糖と煮て,これに卵黄を加える中国的製法と,熱くした酒に卵をおとしてかきまぜ,温かいうちに飲む方法とが記されている。欧米にはブランデーやラムに鶏卵,ミルク,砂糖などを加えてつくるエッグノッグがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

たまござけ【卵酒】


日本酒を温めながら少量の砂糖と卵を加えた飲み物。卵のたんぱく質が凝固しないように、火にかけながら、よく攪拌(かくはん)してつくる。卵黄のみを使用することもある。風邪のひきはじめなどにからだを温めるのに用いる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卵酒
たまござけ

清酒を加熱して煮立て、これに鶏卵を加えた飲み物。よくかき混ぜ、火をつけてアルコール分をとばし、熱いうちに飲む。好みにより砂糖やショウガを適当に加える。体を温め、精をつけるように風邪(かぜ)をひいたときなどに飲む。江戸時代の『本朝食鑑』には、水五杯、麹(こうじ)の黄衣(きかび)一杯、砂糖半杯をかき混ぜて沸かし、さらに鶏卵1個を加えてかき混ぜてつくる法を示している。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

卵酒の関連キーワードカクテル卵料理

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卵酒の関連情報