コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵酒 タマゴザケ

5件 の用語解説(卵酒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たまご‐ざけ【卵酒】

酒に鶏卵の黄身と砂糖を加え、温めた飲み物。寒さ防ぎや風邪のときに用いる。 冬》「岡惚(おかぼれ)で終りし恋や―/草城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

卵酒【たまござけ】

日本酒に鶏卵を混ぜた飲物。酒に砂糖少量を加え弱火にかけ,攪拌(かくはん)した鶏卵を入れて混ぜながら温める。栄養があり体が暖まるのでかぜの民間療法として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たまござけ【卵酒】

鶏卵を清酒にまぜた飲物で,感冒などによいとされる。《料理物語》(1643)によれば,卵をときながら冷酒を加え,塩で味をつけ,燗(かん)をして供するとある。また《本朝食鑑》(1697)には黄衣(麦こうじ)を5倍量の水,半量の砂糖と煮て,これに卵黄を加える中国的製法と,熱くした酒に卵をおとしてかきまぜ,温かいうちに飲む方法とが記されている。欧米にはブランデーやラムに鶏卵,ミルク,砂糖などを加えてつくるエッグノッグがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飲み物がわかる辞典の解説

たまござけ【卵酒】


日本酒を温めながら少量の砂糖と卵を加えた飲み物。卵のたんぱく質が凝固しないように、火にかけながら、よく攪拌(かくはん)してつくる。卵黄のみを使用することもある。風邪のひきはじめなどにからだを温めるのに用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卵酒
たまござけ

清酒を加熱して煮立て、これに鶏卵を加えた飲み物。よくかき混ぜ、火をつけてアルコール分をとばし、熱いうちに飲む。好みにより砂糖やショウガを適当に加える。体を温め、精をつけるように風邪(かぜ)をひいたときなどに飲む。江戸時代の『本朝食鑑』には、水五杯、麹(こうじ)の黄衣(きかび)一杯、砂糖半杯をかき混ぜて沸かし、さらに鶏卵1個を加えてかき混ぜてつくる法を示している。[秋山裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卵酒の関連キーワード綴じる綯い交ぜる生薑酒ゼタ出し巻卵卵綴じ卵焼卵湯練酒飲物

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卵酒の関連情報