コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灘の生一本 ナダノキイッポン

デジタル大辞泉の解説

灘(なだ)の生(き)一本

産のまじりけのない上等の清酒

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なだのきいっぽん【灘の生一本】

兵庫県の灘一帯で醸造した、混じりけのない清酒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の灘の生一本の言及

【灘五郷】より

…灘五郷とは灘の生一本(きいつポん)の銘醸地の総称で,江戸時代の中期以降より急速に江戸積酒造業が発展し,今日にいたるまで全国有数の酒造地を形成している。現在の灘五郷は,兵庫県南東部の海岸寄りにある今津郷・西宮郷(西宮市),魚崎郷・御影(みかげ)郷(神戸市東灘区)と西郷(神戸市灘区)の5郷からなる。…

※「灘の生一本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灘の生一本の関連キーワード兵庫県西宮市兵庫県灘五郷来る

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灘の生一本の関連情報