ニワトリ(鶏)(読み)ニワトリ

百科事典マイペディア 「ニワトリ(鶏)」の意味・わかりやすい解説

ニワトリ(鶏)【ニワトリ】

キジ科家禽(かきん)。ヤケイのうちセキショクヤケイが南アジアで家禽化されたものとされる。現在は用途に応じた数百品種があり,極地を除くほとんど全世界で飼育される。雑食性。品種により姿形,羽毛,肌(はだ)色,肉冠などは多様に変化。卵用のレグホーン種,ミノルカ種,アンダルシアン種,肉用のコーチン種,ブラーマ種,コーニッシュ種,卵肉兼用のプリマスロック種,ロード・アイランド・レッド種,名古屋コーチン種,愛がん用として尾長鶏チャボ東天紅小国,闘鶏用および肉用のシャモなど。→ブロイラー養鶏
→関連項目鶏肉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android