コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレッシュ Flesch Károly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレッシュ
Flesch Károly

[生]1873.10.9. ハンガリー,モソン
[没]1944.11.15. スイス,ルツェルン
ハンガリー生まれのバイオリン奏者,教育者。1886~89年ウィーンでヤーコブ・グリューンに師事,1890~94年パリ国立音楽院に学び,1895年ウィーンでデビューし,独奏者として活躍する一方,ピアノ奏者のアルトゥール・シュナーベル,チェロ奏者のフーゴ・ベッカーとピアノ三重奏団を組んで活躍した。1897~1902年ブカレストの音楽院の教授を振り出しに,アムステルダム音楽院,ベルリンの音楽院,アメリカ合衆国のカーティス音楽院で教壇に立ったが,ナチスの台頭により 1934年にロンドンに移住した。1943年から死去するまでスイスルツェルン音楽院で教えた。2巻の教則本と 3巻の練習曲集が有名。

フレッシュ
flèche

建築用語。フランス語で「矢」を意味するが,転じて聖堂の身廊と翼廊部の交差部に建てられる細長い小尖塔をいう (→尖塔 ) 。木で造られることが多く,中に鈴が下げられている。代表例はアミアン大聖堂とパリのノートル・ダム大聖堂のもの。 13世紀のシトー会修道会の礼拝堂では重要な意味をもつ (→シトー会建築 ) 。世俗建築では 15世紀以後に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フレッシュ(fresh)

[形動]新鮮なさま。新しく生き生きしているさま。「フレッシュなセンス」
[名]コーヒーに入れるミルク状のもの。多く、植物性油脂を乳化させて作る。コーヒーフレッシュ。
[補説]日本語での用法。主に関西を中心に使われる語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色名がわかる辞典の解説

フレッシュ【flesh】

色名の一つ。フレッシュは生き物の肉を意味する。直接的には肉色だが、一般的に西洋人の肌の色を表す。そのため地域によって多様な色となるが、通常は薄いピンク色をさしており、理想化された白い肌の色はフレッシュピンクと呼ばれる。和名は肌色はだいろ。平均的な日本人皮膚の色を美化したイメージの色をさす。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フレッシュ【Carl Flesch】

1873‐1944
ハンガリーのバイオリン奏者。本名はカーロイKároly。ウィーン音楽院で学んだ後,パリ音楽院で,J.ティボー,F.クライスラー,G.エネスコを育てたM.P.J.マルシックに学んだ。1895年ウィーンでデビューし,その音色の純粋さ,正確なテクニック,優れた様式感と解釈によって世界的な奏者の一人となった。1905年ベルリンで17~20世紀のバイオリン音楽の歴史的発展をたどる連続演奏会を開き,以後の音楽会の一つの方向を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フレッシュ【fresh】

( 形動 )
新鮮なさま。清新なさま。 「 -な感覚」
コーヒー・紅茶用のミルク。主に関西での表現。
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フレッシュの関連キーワードGUM デンタルリンス ナイトケアフロマージュ・フレ・ドゥ・ニームインザキッチン キッチンペーパーJAPAN premium 蝶エチケット MouthMistJAPAN premium 桜トイレのファブリーズ W消臭水に流せるポケットティシュクリアクリーン ハミガキネピネピトイレットロールスコッチビーフソーセージキッチンタオルボックスフレッシュネスバーガーイオンパワー 消臭元激吸収キッチンタオルJAPANの香り 竹JAPANの香り 桜花王ピュアホイップクリニカ ライオンファブリーズクルマ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フレッシュの関連情報