コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会見[町] あいみ

百科事典マイペディアの解説

会見[町]【あいみ】

鳥取県西部,法勝寺(ほっしょうじ)川支流朝鍋(あさなべ)川の流域にある西伯(さいはく)郡の旧町。主集落の天万(てま)はかつての出雲街道宿場町。米のほか葉タバコやカキ・ナシの栽培,和牛飼育を行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいみ【会見[町]】

鳥取県西部,西伯郡の町。1955年手間村と賀野村が合体,町制。人口3979(1995)。米子市に南接し,米子平野の一部を占める低地と西伯山地からなる。中心集落の手万はかつては出雲街道の宿場町であった。大国主神が兄神たちにあざむかれて焼石を抱いたという《古事記》にのる伝説で有名な手間山や山陰で最大の規模をもつ殿山古墳(前方後円墳)を含む三崎古墳群がある。農業を基幹産業とし,米作,タバコ,果樹栽培に肉牛飼育を取り入れた農業経営が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

会見[町]の関連キーワード伯耆国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android