危惧・危懼(読み)きぐ

精選版 日本国語大辞典「危惧・危懼」の解説

き‐ぐ【危惧・危懼】

〙 あやぶみおそれること。気がかり。きく。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「ひそかに吾校将来の前途に危惧の念を抱かしむるに足る珍事でありまして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android