コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

案ずる アンズル

デジタル大辞泉の解説

あん・ずる【案ずる】

[動サ変][文]あん・ず[サ変]
考えをめぐらす。考え出す。いろいろ工夫する。「一計を―・ずる」
心配する。思い煩う。気遣う。「―・ずるには及ばない」「将来を―・ずる」
はっきりしない点を明らかにする。
「西洋諸国の史類を―・ずるに」〈福沢学問のすゝめ
[補説]江戸後期から上一段にも活用するようになった。→案じる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あんずる【案ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 あん・ず
あれこれと考える。工夫する。 「一計を-・ずる」
心配する。気にかける。 「身の上を-・ずる」 → あんじる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

案ずるの関連キーワード産婦の心得とお産の進め方遇い・配い・会釈聖母子楊万里法の杖身の上気遣う易者為る座る易い一策一計地口補説ずる

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

案ずるの関連情報