気になる(読み)キニナル

精選版 日本国語大辞典の解説

き【気】 に なる

① 心配に思う。心にひっかかる。気にかかる。
※雑俳・柳多留‐一二(1777)「気に成て負ると内義たたき付」
② (連体修飾語をうけて) その気持になる。
※洒落本・傾城買二筋道(1798)冬の床「今夜が此二階のいとまごひだと思へば、ばかなあじな気になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報