怖怖(読み)コワゴワ

  • おじおじ おぢおぢ
  • おずおず おづおづ
  • こわごわ こはごは
  • こわごわ〔こはごは〕
  • 怖怖/▽恐▽恐

デジタル大辞泉の解説

[副]恐ろしく思いながら物事をするさま。おそるおそる。「へっぴり腰で―(と)のぞき込む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 恐れるようす。おずおず。おどおど。びくびく。
※虎明本狂言・伯母が酒(室町末‐近世初)「『〈略〉もはやおとがせぬが、いな事じゃ』と云て、おぢおぢみて」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一〇「いいわけもあとやさき、をぢをぢして」
〘副〙 (動詞「おず(怖)」を重ねたもの。「と」を伴って用いる場合もある) 恐れや緊張でためらっているさま。おそるおそる。こわごわ。びくびく。おどおど。おじおじ。
※蜻蛉(974頃)上「『参りこまほしけれど、つつましうてなん、たしかにことあらば、おづおづも』とあり」
〘副〙 (形容詞「こわい」の語幹を重ねた語。「と」を伴って用いることもある) おそるおそる。おっかなびっくり。びくびくしながら。
※浮世草子・嵐無常物語(1688)下「嵐三郎四良にあづかり置し半櫃ひとつ動出ぬこはこは引おろしちかきあたりの人をまねき此子細かたれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android