コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地歌・地唄 じうた

大辞林 第三版の解説

じうた【地歌・地唄】

その土地の歌。俗謡。
近世邦楽の一種目。三弦(三味線)の弾きうたいの歌曲様式。江戸時代初期以来、京坂地方を中心に盲人音楽家の専門芸として伝承され、箏曲と不可分に結合して三弦と箏の合奏を盛んに行い、多様な曲種を生んで家庭音楽として一般人の間に普及した。上方かみがた歌。法師歌。京歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地歌・地唄の関連キーワード近世邦楽箏曲俗謡京歌三弦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android