大東[町](読み)だいとう

百科事典マイペディア「大東[町]」の解説

大東[町]【だいとう】

岩手県南部,北上高地南部の東磐井(ひがしいわい)郡の旧町。近世には一関陸前高田間を通じる今泉街道の旧宿場町であった。大船渡(おおふなと)線に沿う摺沢(すりさわ)に市街が発達。山地が広く,古くから葉タバコの産が多く,養蚕も行われるが,近年は水稲酪農リンゴシイタケなどの複合経営が主流。2005年9月西磐井郡花泉町,東磐井郡千厩町,東山町,室根村,川崎村と一関市へ編入。278.71km2。1万7714人(2003)。

大東[町]【だいとう】

島根県東部,大原郡の旧町。斐(ひい)川の支流赤川流域と周辺山地を占め,木次(きすき)線が通じる。中心集落は,六斎市の開かれる市場町として栄えた。和牛飼育,メロン,茶などの栽培を行う。海潮(うしお)温泉がある。かつて全国生産の80%を産したモリブデン鉱山閉山。2004年11月大原郡加茂町,木次町,飯石郡三刀屋町,掛合町,吉田村と合併し市制雲南市となる。152.23km2。1万4759人(2003)。

大東[町]【だいとう】

静岡県の南西部,遠州灘に面する小笠郡の旧町。米作,野菜栽培とメロン,イチゴなどの施設園芸が行われ,茶,タバコも産する。地場産業の鉄工業,繊維工業に加え,海岸部には化学工場などが立地。2005年4月小笠郡大須賀町と掛川市へ編入。45.99km2。2万937人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「大東[町]」の解説

だいとう【大東[町]】

岩手県南部,東磐井(ひがしいわい)郡の町。人口1万8673(1995)。北西部は江刺・水沢両市に,東は陸前高田市に接する。北上高地南端の丘陵地帯にあり,中央南側を北上川の支流砂鉄川が西流する。中心集落の大原は近世に一関と陸前高田を結ぶ今泉街道の宿駅として栄え,内陸産物海産物との交易市場でもあったが,1925年大船渡線が南西端の摺沢(すりさわ)を通ることになって衰えた。主産業は農業で,米作のほか,タバコ栽培や酪農などが行われ,養蚕,シイタケ栽培では県下一の生産高を誇る。

だいとう【大東[町]】

静岡県南西部,小笠郡の町。人口2万0995(1995)。遠州灘に面し,菊川の下流域を占める。河川沿いの沖積低地は米作地帯で,千浜(ちはま)砂丘の発達した海岸部では野菜栽培とメロン,スイカ,イチゴなどの施設園芸が行われる。また北部山地では茶とミカンの栽培が盛んである。海岸部を走る国道150号線の沿道には化学工場をはじめ多くの工場が立地し,地場産業の鉄工業や繊維工業と共に町の経済を支えている。上土方嶺向(かみひじかたみねむかい)に戦国時代,徳川氏と武田氏の争奪の舞台となった高天神城跡(史)がある。

だいとう【大東[町]】

島根県東部,大原郡の町。人口1万5403(1995)。松江市の南に接し,斐伊(ひい)川の支流赤川の上流域を占める。中心集落はJR木次線の通る大東で,中世は大東荘に属し,近世は3・6の六斎市が開かれる市場町として栄えた。4月と8月には牛馬市が開かれ,木綿市も立った。また松江藩の事業としてヤクヨウニンジンの栽培が盛んで,藩の人参方役所出張所が置かれた。現在は養鶏,酪農,茶の栽培などが盛んである。阿用,川井は国内有数のモリブデンの埋蔵地で,大東,東山などの鉱山があったが,資源枯渇と貿易自由化に伴い閉山した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android