宮津[市](読み)みやづ

百科事典マイペディアの解説

宮津[市]【みやづ】

京都府北部の市。1954年市制。宮津湾に臨む中心市街は江戸中期以降本庄氏の城下町,西廻り航路の寄航地,丹後縮緬(ちりめん)機業地をひかえた商港として栄えた。沿岸漁業基地で,ニッケル製錬,メリヤス化学繊維などの工業も行われる。北近畿タンゴ鉄道が通じる。海岸は天橋立など景勝地が多く,丹後天橋立大江山国定公園に属する。式内社で丹後一宮籠(この)神社西国三十三所観音霊場28番札所成相(なりあい)寺,智恵の文殊で知られる智恩(ちおん)寺,丹後迎講(げいこう)の発祥地の一つ府中大乗寺などがあり,世屋高原家族旅行村,府立丹後リゾート公園など観光施設も整備されている。172.74km2。1万9948人(2010)。→宮津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやづ【宮津[市]】

京都府北部,若狭湾に面する市。1954年市制。人口2万4937(1995)。若狭湾西端の宮津湾をはさんで市域が広がり,天橋立が南北に分かれた市域を結んでいる。中心市街は宮津湾の湾奥にあり,織豊期に細川氏,江戸初期に京極氏が築城して,城下町として栄えた。現在も城下町のおもかげがよく残る。西廻海運の港町としてもにぎわい,〈二度と行くまい丹後の宮津,縞の財布がからになる〉とうたわれた。藩の奨励もあって江戸時代は縮緬(ちりめん)機業が発展したが,現在はメリヤス,化学繊維などの繊維工業や水産加工業が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android