コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎[村] かわさき

1件 の用語解説(川崎[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわさき【川崎[村]】

岩手県南部,東磐井郡の村。人口5007(1995)。北から流入する砂鉄川,東から流入する千厩(せんまや)川が西境で北上川と合流する。川沿いに小沖積地があるほかは,標高200m前後の丘陵が広く分布する。砂鉄・千厩両川の合流点に位置する主要集落の薄衣はかつて北上川舟運の河港として栄えたが,村域西部を通る大船渡線の開通(1925)でさびれた。畜産,タバコ栽培,米作などを主体とする農業が基幹産業である。北上川の平泉付近から薄衣付近までは〈北上川ライン〉と名付けられた景勝地で,特に紅葉の美しさは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川崎[村]の関連キーワード磐井川岩手県江刺北上南部水沢岩手県立大学一関及川英春雄安

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone