コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延年[毛越寺] えんねん[もうつうじ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延年[毛越寺]
えんねん[もうつうじ]

岩手県平泉町毛越寺で,毎年 1月20日の二十日夜祭に演じられる延年。中世芸能の面影をとどめるものとして知られている。この日は 1月14日から続く法会の結願の日にあたる。奥殿に摩多羅神をまつる常行堂で,常行三昧供の勤行のあと,侶と稚児たちにより延年が行なわれる。演目は通常,2人の僧が法会終了の祝宴に僧たちを誘う呼立(よびだて)から始まり,田楽躍,2人の少年による路舞(唐拍子),御幣を持ち鼻高面をかぶった僧が摩多羅神の由来や利生・息災延命の祈りなどを声を立てずに唱える祝詞(のっと),老女,若女・禰宜(ねぎ),児舞(ちごまい。『花折』『王母ヶ昔』を隔年で演じる),勅使舞,舞楽(『迦陵頻』)と続く。このほか,以前は延年舞と呼ばれていた能の四番(『留鳥』『卒塔婆小町』『女郎花』『姥捨山』)が隔年で二番ずつ演じられていた。また,かつては見物人が舞に対して盛んに悪口を言う習慣があり,悪態がひどいほどその年は豊作になるとされていた。国指定重要無形民俗文化財。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android