コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東和[町] とうわ

百科事典マイペディアの解説

東和[町]【とうわ】

岩手県中部,和賀郡の旧町。釜石線が通じる。猿ヶ石川が流れ,丘陵地が広い。米作を主とする。中心の土沢は旧城下町で,釜石街道宿場町でもあった。南東部に田瀬ダムがある。

東和[町]【とうわ】

宮城県北東部,登米(とめ)郡の旧町。大部分北上高地で,米を産するほか,シイタケマイタケなど林産物の産もある。北上川沿岸ではリンゴを産する。北上河岸の米谷(まいや)は藩政時代の河港で,武具をつくった御鍛冶屋敷があった。

東和[町]【とうわ】

福島県中東部,安達郡の旧町。大部分が阿武隈(あぶくま)高地平地は少ない。中心の針道(はりみち)は市場町として発達し,生糸市が盛んであった。米作,畜産果樹葉タバコの栽培,養蚕を主体としている。

東和[町]【とうわ】

山口県大島郡大島東部を占める旧町。海岸と,情島や沖家室(おきかむろ)島など周辺の小島には漁村が多い。山地斜面での柑橘(かんきつ)類の栽培のほか,タイ・カキの養殖が盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうわ【東和[町]】

岩手県中央部,和賀郡の町。人口1万1123(1995)。北部と南部は北上高地支脈によって占められ,中央部には北上川支流の猿ヶ石川が西流する。中心集落の土沢は,近世に内陸部と三陸海岸を結ぶ釜石街道の宿駅として栄え,南部藩の南境防備のため番所も置かれた。古くからの米の産地であるが,第2次大戦後,猿ヶ石川に田瀬ダムが完成し,開田・開畑がさらに進んだ。畜産,タバコ栽培なども盛んで,田瀬ダム湖ではワカサギの養殖も行われる。

とうわ【東和[町]】

宮城県北東部,登米郡の町。人口9311(1995)。北上高地南端,北上川東岸の丘陵を占める。総面積の8割以上が山林で,水田は少なく,酪農,タバコ栽培,材木生産が盛ん。中心集落の米谷(まいや)は北上川東岸にあり,江戸時代には本吉街道と一関街道の交差点であり,大正期ごろまでは北上川舟運の河港であった。二股川に沿って走る西郡街道の狼河原(おいのかわら)(米川)では永禄年間(1558‐70)から製鉄が行われたと伝えられ,荒鉄を米谷に運んで精錬し武具を作っていた。

とうわ【東和[町]】

福島県北東部,安達郡の町。人口9074(1995)。阿武隈高地北西部にあり,標高300~500mの丘陵地帯に位置する典型的な山間農村である。農業は,養蚕,米作,肉牛飼育,タバコ栽培が行われるが,近年山林原野の草地化によって酪農も盛んになっている。零細経営の農家が主で全世帯の約8割は第2種兼業農家で,福島市二本松市への通勤者が多い。北部に木幡(こわた)山(666m)があり,山頂付近の隠津島(おきつしま)神社の大杉は天然記念物に指定されている。

とうわ【東和[町]】

山口県南東部,大島郡の町。人口5775(1995)。屋代島東端の半島部を占め,北部は内浦,南部は外浦に面する。海上には情島,諸島,片島,沖家室(おきかむろ)島,大水無瀬(おおみなせ)島などの島が点在する。平地が少なく,山地や丘陵地の斜面ではミカン栽培が盛んで,耕地の大部分はミカン園である。イワシ,タイ,カレイなどを中心とした漁業が盛んで,カキの養殖も行われている。戦艦陸奥遺品が展示されている陸奥記念館がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東和[町]の言及

【屋代島】より

…前島,浮(うか)島,情(なさけ)島,沖家室(おきかむろ)島,笠佐島などの付属島嶼(とうしよ)を含めて山口県大島郡(面積140km2,人口2万8750。1995)を構成しており,久賀,大島,東和,橘の4町がある。 久賀町は屋代島の北岸を占め,大島郡の行政・商業の中心で,久賀浦は小型底引網,一本釣りの漁村。…

※「東和[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東和[町]の関連キーワード大島(山口)山口県大島郡あぶくま阿武隈

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android