柏原(市)(読み)かしわら

  • 柏原

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪府中東部、大和川(やまとがわ)が大阪平野に流れ出る谷口部にある市。1958年(昭和33)市制施行。JR関西本線、近畿日本鉄道の大阪線・道明寺線、国道25号(奈良街道)、165号、170号(東高野(こうや)街道)、西名阪自動車道が通じる。古くから奈良と大阪を結ぶ交通の要地であるとともに、河内(かわち)の政治、文化の中心地として栄え、高井田横穴、松岳山古墳(まつおかやまこふん)(ともに国指定史跡)や国分寺、国府遺跡(こういせき)がある。近世大和川の付け替え後は、旧河床にワタ、ナタネが栽培され、柏原船、国分船で大坂の京橋へ運ばれた。明治以後、豊かな地下水を利用して晒(さらし)、染色工業が発達し、ゆかた生地の生産が盛んであったが、近年では生産量が減少、最近は機械、化学、金属工業が伸びている。東部の奈良県境の生駒(いこま)、金剛(こんごう)山地山麓(ろく)のブドウ栽培も有名である。三田(さんだ)家住宅は18世紀中ごろの町屋で国指定重要文化財。渡来人田辺史(ふひと)の氏寺田辺廃寺跡は国指定史跡。また大阪教育大学、関西福祉科学大学がある。面積25.33平方キロメートル、人口7万1112(2015)。

[安井 司]

『『柏原市史』全5巻(1969~1982・柏原市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android