コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環(数学) かん

1件 の用語解説(環(数学)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

環(数学)【かん】

加・減・乗法が可能な集合(除法も可能ならという)。正確には,集合Sの2要素間に加法と乗法(一般には2種の結合法)が定義され,任意の2要素にこれらの結合法を施したものはまたSに属し,任意の要素a,b,cに関し,1.加法についてはa+b=b+a,(a+b)+c=a+(b+c)が成立,a+x=bとなるSの要素xが存在する,2.乗法については(a・b)・c=a・(b・c),3.分配法則a・(b+c)=a・b+a・c,(a+b)・c=a・c+b・cが成立するとき,Sを環という。
→関連項目群(数学)抽象代数学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone