コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環(数学) かん

1件 の用語解説(環(数学)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

環(数学)【かん】

加・減・乗法が可能な集合(除法も可能ならという)。正確には,集合Sの2要素間に加法と乗法(一般には2種の結合法)が定義され,任意の2要素にこれらの結合法を施したものはまたSに属し,任意の要素a,b,cに関し,1.加法についてはa+b=b+a,(a+b)+c=a+(b+c)が成立,a+x=bとなるSの要素xが存在する,2.乗法については(a・b)・c=a・(b・c),3.分配法則a・(b+c)=a・b+a・c,(a+b)・c=a・c+b・cが成立するとき,Sを環という。
→関連項目群(数学)抽象代数学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

環(数学)の関連キーワード四則乗法除法持続可能な開発サステイナブルNOW勘定有効需要(effective demand )エンハンスド・ファックスタワーヤーダ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone