コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相似(数学) そうじ

百科事典マイペディアの解説

相似(数学)【そうじ】

二つの図形F,F′の各点が1対1に対応し,任意の対応する点P,P′を結ぶ直線がすべて1点Oで交わり,OPとOP′の比が一定値kとなるとき,F,F′はOを中心として相似の位置にあるといい,Oを相似の中心,kを相似比という。二つの図形G,G′を適当に移動して相似の位置におくことができれば,G,G′は互いに相似(k=1のときは合同)であるという。二つの多角形が相似なら,対応する角の大きさは互いに等しく,対応する辺の長さの比はすべて等しい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android