コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相似(数学) そうじ

百科事典マイペディアの解説

相似(数学)【そうじ】

二つの図形F,F′の各点が1対1に対応し,任意の対応する点P,P′を結ぶ直線がすべて1点Oで交わり,OPとOP′の比が一定値kとなるとき,F,F′はOを中心として相似の位置にあるといい,Oを相似の中心,kを相似比という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

相似(数学)の関連キーワード合同

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android