総社(読み)そうしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総社(神社)
そうしゃ

「そうじゃ」ともいい、惣社とも書く。一定の地域内に鎮座している神社の祭神を勧請(かんじょう)して、特定の一神社に合祀(ごうし)し、その地域の集約的な祭祀を行うものとされる神社。一郡、一郷の総社もあるが、一般的には一国の総社をいう。一国の総社の成立はかならずしも明確ではないが、国司が班幣その他の祭祀にあずかる国内の主要な神社を巡拝するかわりに、便宜上、国府の近くに勧請・合祀して祭祀したものといわれ、平安中期ごろに発生したと考えられている。平安末期には一般化して国司の祀(まつ)る神社として、一宮(いちのみや)または六所(ろくしょ)神社、大国魂(おおくにたま)(霊)神社とよばれる神社とも関連が深く、地方神社の中心として格別の尊崇を受けた。総社の社名を有する神社としては石岡総社神社(常陸(ひたち)国―茨城県石岡市)、上野(こうずけ)総社神社(上野国―群馬県前橋市総社町)、総社(三河(みかわ)国―愛知県豊川(とよかわ)市白鳥町)、総社(能登(のと)国―石川県七尾(ななお)市古府町)、総社大神宮(越前(えちぜん)国―福井県越前市幸町)、飛騨(ひだ)総社(飛騨国―岐阜県高山市神田町)、総社(美作(みまさか)国―岡山県津山市総社)、総社(備中(びっちゅう)国―岡山県総社市総社)などがある。[佐野和史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総社の関連情報