コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイ

デジタル大辞泉の解説

がい【蓋】

《「かい」とも》
[名]仏語。
人間の善智や善心を覆い隠すもの。すなわち、煩悩。
法会のとき、高僧の歩行に際し、その上にかざす笠状のもの。
仏像や導師の高座を覆い飾る天蓋。
[接尾]助数詞。笠または笠状のものを数えるのに用いる。「犬笠一

がい【蓋】[漢字項目]

常用漢字] [音]ガイ(慣) [訓]ふた おおう かさ けだし
上から覆いかぶせる。「蓋世
覆い。ふた。かさ。「円蓋口蓋頭蓋(ずがい・とうがい)天蓋無蓋有蓋
文頭にかぶせて、推測することを表す語。おもうに。けだし。「蓋然性
[補説]「盖」は俗字

ふた【蓋】

物の口にあてがってふさぐもの。「鍋(なべ)のをとる」
サザエタニシなどの貝の口を覆うもの。
スッポンのこと。
「江戸ぢゃあね、すっぽんをしゃれて―といひやすよ」〈滑・浮世風呂・二〉
[下接語](ぶた)上げ蓋入れ子蓋印籠(いんろう)蓋内蓋鰓(えら)蓋押し蓋落とし蓋替え蓋瘡(かさ)蓋被(かぶ)せ蓋後家蓋差し蓋硯(すずり)蓋簀(す)蓋外蓋綴(と)じ蓋共蓋中蓋鍋(なべ)蓋二重蓋火蓋広蓋目(ま)蓋薬籠(やくろう)蓋両蓋割り蓋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がい【蓋】

〔「かい」とも〕
[1] ( 名 )
貴人や導師・仏像などの頭上にさしかけるかさやおおい。
〔人の心をおおって真理を知ることを妨げる意から〕 煩悩ぼんのう
( 接尾 )
助数詞。笠かさまたは笠のようなものを数えるのに用いる。 「加賀笠一-/浮世草子・一代女 6

ふた【蓋】

箱・容器などの口をおおってふさぐもの。
サザエ・タニシなどの口をおおう平らな板状のもの。
かさぶた。 「是は天狗殿の灸やいとの-ぢや/咄本・露が咄」
スッポンの異名。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【傘】より

…直接あたまにかぶる笠と区別するため〈さしがさ〉ともいう。しかし,傘と笠は関係深く,さらに,仏像の上に懸垂される天蓋や,宮廷の儀式に用いた〈きぬかさ〉とも共通する面がある。 中国の神話によれば,黄帝が戦いの際,五色の雲が花の形になって頭上にとどまったとき戦況が一変し勝利を得たので,これにちなんで華蓋をつくり,以後つねにかざしたという。…

【傘】より

…直接あたまにかぶる笠と区別するため〈さしがさ〉ともいう。しかし,傘と笠は関係深く,さらに,仏像の上に懸垂される天蓋や,宮廷の儀式に用いた〈きぬかさ〉とも共通する面がある。 中国の神話によれば,黄帝が戦いの際,五色の雲が花の形になって頭上にとどまったとき戦況が一変し勝利を得たので,これにちなんで華蓋をつくり,以後つねにかざしたという。…

【天蓋】より

…仏像の頭上にかざす蓋(きぬがさ)をいう。天空にあり,しかもつねに仏の頭上にあるところから華蓋,宝蓋,懸蓋などとも呼ばれる。…

【箱】より

… それらの形状は長方形,正方形のものが多く,多角形,円形など,内容品の形状によってさまざまにつくられた。箱の形式は蓋の構造によって名づけられる。桟(さん)蓋,挿(さし)蓋,被(かぶせ)蓋,印籠(いんろう)蓋(合口造ともいう)とあり,底の形式に平底,上げ底,さらに台や脚をつけたものなどがある。…

※「蓋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓋の関連キーワード棺を蓋いて事定まる陰架・隠架・隠家薬籠蓋・薬篭蓋箱提灯・箱提燈印籠蓋・印篭蓋破れ鍋に綴じ蓋割り蓋・割蓋ケマコウォン塗り蓋・塗蓋クロージャー飛鳥板蓋宮ケーマ高原宝篋印塔浮世草子頭蓋内圧十種供養寛骨臼蓋助数詞薬籠蓋甲書き

蓋の関連情報