コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡[市] ふじおか

2件 の用語解説(藤岡[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

藤岡[市]【ふじおか】

群馬県南部の市。1954年市制。東半は神流(かんな)川と鮎川の間の洪積台地,西半は山地。中心市街は桃山時代に芦田氏が築いた芦田城の城下町,近世は中山道の脇往還,信濃別路の宿場町,市場町として発達。
→関連項目平井城

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふじおか【藤岡[市]】

群馬県南部の市。1954年市制。人口6万2676(1995)。神流(かんな)川と鮎川にはさまれた洪積台地に発達する。開発の歴史は古く,七輿(ななこし)山古墳(史),白石稲荷山古墳(稲荷山古墳)など1200基に近い古墳が散在する。室町時代には上杉氏が鮎川の西岸に平井城を築いたが,1559年(永禄2)廃城,藤岡に有田氏が居城,のち芦田氏が入り近世初期まで続いた。その後,藤岡は中山道の脇街道の宿場町,1・6の日を市日とする市場町として栄え,生糸,絹,土器その他が取引された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の藤岡[市]の言及

【絹市】より

…上州から武州にかけての山地地域では,織物生産がさかんになると,これまで各種の商品を取引していた市が,織物を主要な商品とするように変わっていった。元禄ころは諸種の商品が取引されていた上州藤岡の市も,近世後期には関東生絹の代表的集荷市となった。1742年(寛保2)に設立された甲州上野原の市は,商品ごとに分かれた11の座で構成されていたが,設立後間もなく,絹・紬を主要な商品とするようになった。…

※「藤岡[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤岡[市]の関連キーワード牛久太田藤岡吉川伊勢崎一関入間志木玉野長井

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone