金沢(市)(読み)かなざわ

  • 金沢

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石川県中央部にある市で、県庁所在地。加賀百万石の城下町として知られ、現在は北陸地方の中心都市である。また、戦災を免れたため、わが国の数少ない典型的な城下町としてのおもかげをいまに残し、近代日本文学の雄、泉鏡花、徳田秋声、室生犀星(むろうさいせい)の3文豪を生んだ地でもある。1889年(明治22)市制施行。1925年(大正14)野村、弓取(ゆみとり)村を編入、1935年(昭和10)大野町と富樫(とがし)、米丸(よねまる)、鞍月(くらつき)、潟津(かたづ)、粟崎(あわがさき)の5村、1936年崎浦、三馬(みんま)、小坂の3村、1943年金石(かないわ)町と戸板、大野、二塚(ふたつか)の3村、1949年川北村、1954年額(ぬか)、安原、内川、犀川(さいかわ)、湯涌谷(ゆわくだに)の5村、1956年押野(おしの)村、1957年浅川村、1962年森本町を編入。面積468.64平方キロメートル、人口46万5699(2015)。1996年(平成8)に中核市となる。[矢ヶ崎孝雄]

自然


地形
市域の東部は富山県境に接し、南東部は山地が広く約4分の3を占め、残りの北西部が平地で日本海と河北潟(かほくがた)に面する。市域南端の奈良(なら)岳(1644メートル)を最高に、高三郎(たかさぶろう)山(1421メートル)、県境に大倉山(1005メートル)、医王山(いおうぜん)(939メートル)などがあり、地形は北西に向かい傾斜する。この山地を犀川(さいがわ)、浅野川、金腐(かなくさり)川、森下(もりもと)川などが刻み、北西流し、犀川は日本海へ、他は河北潟に注ぎ、大野川で日本海へ排水する。この山地は深雪地帯でもあり、犀川ダム、内川ダムが設けられ、上水道、発電、灌漑(かんがい)、洪水調節など多目的に利用されている。山地の前面は丘陵地にもなり、主として新第三紀堆積(たいせき)岩類の津幡(つばた)・富樫急斜帯(撓曲(どうきょく)帯)の急崖(きゅうがい)で金沢平野に接し、市民に親しまれる卯辰(うたつ)山、三小牛(みつこうじ)山などがある。犀川、浅野川は並行して流れ、両河間に段丘を発達させ、小立野(こだつの)台地となり、その先端部に金沢城が築かれ、段丘下に扇状地を形成する。犀川の下流は左岸に隆起扇状地の寺町台地があり、浅野川の下流は河北潟に注ぐデルタ地帯で、洪水時には冠水もした低湿地である。海岸には砂丘が発達し、これを切って流れる犀川、大野川の河口は潮流の影響で北に湾曲している。金沢市域の平地は金沢平野の中心部をなすもので、旧金沢市街のほか新市街が延び、鉄道、自動車道も縦断し、本来の水田地帯が変容しつつある。なお、金沢市域に属する河北潟干拓地の一部では畑作営農が行われ、才田(さいだ)大橋が架橋された。[矢ヶ崎孝雄]
気候
日本海岸式気候で、冬の日照不足、積雪多量が特色である。気温は年平均14.6℃とさして低くなく氷の張ることはまれである。海岸、平野部から山地に向かい積雪は急増する。春から夏は好天が多く日照も太平洋岸よりやや多くなる。春先のフェーン現象、冬の雷、梅雨・台風の影響の少ないことなども特色である。年降水量は2398.9ミリメートルで冬季に集中している。湿度は夏と冬に高く、平均相対湿度は72%(以上、1981~2010)である。[矢ヶ崎孝雄]

歴史

縄文時代の遺跡は段丘、扇状地に多く、弥生(やよい)時代の遺跡は砂丘背後の低湿地にあり、玉造り集落もある点、注目される。古墳の分布も多く、古墳時代、北加賀の中心地であったと推定もされる。823年(弘仁14)越前(えちぜん)国より加賀国が独立し、加賀郡(後の河北郡)と石川郡とに分かれたが、市域は両郡にわたっている。犀川、大野川の2河口にまたがる大野湊(みなと)がにぎわい、陸路も整い、低湿地への開発が進み、瓦(かわら)、須恵(すえ)器の窯業も発達した。しかし、中世には荘園(しょうえん)の成立は比較的遅かったが、現在の地名に伝わる荘園、郷(ごう)、保(ほ)の名はいくつもある。浅野川左岸には山崎窪市(やまざきくぼいち)ができ、北加賀経済の中心的市場集落で、金沢の都市発展の基をなしたとみられる。また、紺掻(こんか)き集団が森下(もりもと)や大野湊その他に成立し、港町を中心に商業活動も盛んになった。真宗が広まり、その一向一揆(いっこういっき)は1488年(長享2)守護富樫政親(まさちか)を本拠の高尾(たこ)城(現称たかお)で滅ぼし、1546年(天文15)金沢坊(尾山御坊(おやまごぼう))を完成し、加賀一国を統治した。1580年(天正8)織田軍の佐久間盛政(もりまさ)が金沢坊を落とすまで、一向一揆の統治が約100年続いた。1583年前田利家(としいえ)が金沢城に入り、以後明治に至るまで前田氏はここを居城に加賀、能登(のと)、越中(えっちゅう)3国を支配してきた。金沢坊による寺内町から、近世の城下町として金沢の都市建設が進められた。犀川、浅野川を自然の防衛線とし、その内側の用水を堀とし、辰巳(たつみ)用水を城内に引き込み、防衛設備を整えた。また、真宗以外の寺院を三方に集め、寺町の町名がいまもある。金沢は加賀百万石の城下町として発達し、元禄期の人口約12万、全国第4位の都市に発展した。学問、芸術などを尊重し、いまに伝わる多くの伝統工芸を発達させ、この面で京文化を多く取り入れていた。
 明治維新により1871年(明治4)廃藩置県で金沢県が置かれたが、翌年県庁を美川(みかわ)に移し、石川県と改称された。このため金沢はさびれ、1873年県庁は金沢に戻ったが、県名はそのまま現在に至っている。金沢製糸社、石川県勧業場、金沢撚糸(ねんし)社などを設立し、士族が殖産興業に努めたが、これらは地場産業の基礎となった。また、第九師団司令部が置かれ軍都にもなり、第四高等学校などの設立で学都ともなった。太平洋戦争でも戦災を受けず、城下町の町並み、文化や伝統などを温存し、多くの伝統工芸を育て、北陸の中枢管理機能をもち、金沢大学、金沢美術工芸大学をはじめとして大学も多い。日本の伝統的都市として高く評価されている。[矢ヶ崎孝雄]

産業

水稲単作を主体にするが、ナシ、リンゴなどの果樹栽培が一部みられ、北部低湿地では蓮根(れんこん)、砂丘地ではスイカ、サツマイモ、ダイコン、山地ではタケノコなどが生産され、特産となっている。河北潟干拓地では大規模な畑作営農が始められている。ただし、専業農家は21.1%、第1種兼業農家11.5%、第2種兼業農家67.4%である(2010)。
 水産業の経営体は少ないが、金沢港は県内有数の漁港で、水揚げ量(属地)は、スルメイカ、エビ類、カレイなど1万4264トン(2001)に及ぶ。なお、アマエビ、ズワイガニ、ブリ、川魚のゴリなど金沢の名物となっている。
 工業は金沢市の重要産業であり、とくに機械、繊維工業が主軸をなし、これに各種の伝統工業が発達している点、注目に値する。城下町として消費的文化都市であった金沢は、明治以降近代工業が取り入れられた。絹織物は明治20年代に輸出羽二重(はぶたえ)の生産で飛躍的に発展したが、津田米次郎(よねじろう)(1862―1915)は絹織物の力織機を発明、1906年(明治39)特許を得、絹織物と機械工業の発展に著しく貢献した。金沢には絹織物の商社も発達し、とくに能登(のと)方面に傘下工場を拡大した。織物工業は人絹織物から合成繊維織物へと進展し、近年はポリエステル、ナイロンの長繊維織物をおもに生産している。機械工業は繊維工業を上回る生産額を示すが、とくに繊維機械の生産が主体となっている。なお、金属、電気機械器具、印刷、食料品工業なども発達している。金沢で注目されるのは伝統工業で、近代風の九谷焼(くたにやき)、独創的で五彩、ぼかしを組み合わせ格調高い加賀友禅(ゆうぜん)、豪華、優美の金沢漆器、金沢仏壇、全国で独占的生産の金箔(きんぱく)、加賀象眼(ぞうがん)、大樋(おおひ)焼、桐(きり)工芸品のほか、加賀藩以来の伝統によるものが多数ある。[矢ヶ崎孝雄]

交通

南に山地を控えた金沢は、東西の陸上交通と日本海の海上交通を主体としている。現JR北陸本線は1898年(明治31)に米原(まいばら)方面と通じ、4月金沢駅が開業、1913年(大正2)に直江津(なおえつ)と連絡、東京方面に通じた。ただ冬季の大雪時には交通もしばしば途絶したが、近年は著しく改善されてきた。2015年(平成27)には、北陸新幹線長野―金沢間が延伸、開業した。同時に北陸本線の金沢―直江津間は第三セクター化され、石川県部分はIRいしかわ鉄道に移管された。海上交通は大野川、犀川河口を利用し、大野港、金石(江戸時代は宮腰(みやのこし))港が栄えた。ここは銭屋五兵衛(ぜにやごへえ)のほか多くの海商が輩出した。大野川から河北潟、浅野川をさかのぼり、金沢市街地までも舟運が利用できた。大正以後、私鉄も発達したものの近年、自動車交通の発達で北陸鉄道の浅野川線、石川線を残し他は廃止された。国道8号が整備されたほか、157号、159号、304号、359号が縦横に走り、北陸自動車道と能登有料道路(2013年無料化後「のと里山海道」と愛称する)が建設され、1970年(昭和45)には大野川河口に金沢港が築港され、貿易も可能となった。交通体系は近年一変し、市内交通でも路面電車が廃され(1967)たが、狭い道幅からくる車の渋滞が生じている。積雪時は交通に支障をきたすので、市内の道路をはじめ鉄道、国県道、自動車道とも除雪、融雪に努力している。[矢ヶ崎孝雄]

観光・文化

金沢はわが国の典型的城下町であり、その特色がよく保存された古都として文化的に評価が高く、観光面でも注目される都市である。国指定重要文化財としては尾崎神社の本殿、中門、透塀(すかしべい)など、尾山神社神門、金沢城跡の石川門、三十間長屋、旧第四高等学校の赤れんが校舎、成巽閣(せいそんかく)、旧松下家住宅、旧鯖波(さばなみ)本陣石倉家住宅がある。兼六園は特別名勝、成巽閣庭園は国指定名勝、県立美術館には国宝の野々村仁清(にんせい)作「色絵雉香炉(きじこうろ)」、銘吉光の剣をはじめ国指定重要文化財の絵画・書跡その他工芸品を多数蔵している。九谷焼、漆器、絵画など県指定の文化財は市内に広く所蔵されている。なお、城下町の伝統は、武家屋敷や市内の用水路、玉泉(ぎょくせん)園などの庭園や寺院、商家、旧廓(くるわ)などに残されており、観光客の歩行コースも設定されている。とくに忍者寺と称される妙立(みょうりゅう)寺には「からくり」があり、観光客に人気がある。東山に残る茶屋町の町並は2001年(平成13)、主計町(かずえまち)の茶屋町の町並は2008年、卯辰山麓の寺町は2011年、寺町台の寺社、町家の町並みは2012年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。加賀の文化を示す施設として、旧陸軍兵器庫であった赤煉瓦(れんが)棟の県立歴史博物館、石川県埋蔵文化財センター、県立能楽堂、金沢くらしの博物館、市立中村記念美術館、市立安江(やすえ)金箔工芸館、石川近代文学館、その他多数あり、郊外には県立の銭屋五兵衛記念館、銭屋五兵衛の本宅の一部を移築し再現した銭五の館などがある。総じて郷土関係の資料を展示する。また1996年(平成8)には金沢市民芸術村がオープンした。このほか、観光地には卯辰山公園、湯涌(ゆわく)温泉、深谷温泉、医王山、健民海浜公園がある。年中行事は1月の加賀鳶(とび)出初式、6月の「金沢百万石まつり」が名高い。[矢ヶ崎孝雄]
『森田平次著『金沢古蹟志』全12編(1933~1939・金沢文化協会) ▽『金沢市史 現代篇』上下(1969・金沢市) ▽金沢市役所編『稿本金沢市史』復刻版(1973・名著出版) ▽北国新聞社編『金沢百万石の城下町』(1963・河出書房新社) ▽田中喜男著『わが町の歴史 金沢』(1979・文一総合出版) ▽『金沢市史 続編』(1989・金沢市) ▽『金沢市史 資料編』全15巻(1996~2003・金沢市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金沢(市)の関連情報