鑑定(法律)(読み)かんてい

百科事典マイペディアの解説

鑑定(法律)【かんてい】

訴訟において裁判官の知識・経験を補充するために,学識経験のある第三者(鑑定人)の意見を求める証拠調べ,またはその者の意見の供述(新民事訴訟法212条以下,刑事訴訟法165条以下)。日本の裁判権に服し,鑑定に必要な学識経験を有する者は,裁判所に出頭し,宣誓し,供述する義務を負う。鑑定人は訴訟当事者が候補者を指名し,裁判所がその中から選任する。→精神鑑定
→関連項目裁判権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android