雲南(市)(読み)うんなん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲南(市)
うんなん

島根県の東部南寄りにある市。2004年(平成16)大原(おおはら)郡の大東(だいとう)町、加茂(かも)町、木次(きすき)町、飯石(いいし)郡の三刀屋(みとや)町、掛合(かけや)町、吉田(よしだ)村が合併して成立。新市名は大原、飯石、仁多(にた)の3郡を「雲南三郡」とよぶなど、近代以降に旧出雲国の南部をさす呼称として流布した「雲南」を採用。市域は斐伊(ひい)川水系の中・上流域に展開、市域北半の中央部を北東に流れる本流に深野(ふかの)川、久野(くの)川、三刀屋川、赤川などの支流が注ぎ、さらに三刀屋川には吉田川、飯石川、赤川には阿用(あよう)川などが流れ込む。北部は斐伊川と三刀屋川、赤川の合流点付近に平野が開けるなど、比較的標高の低い丘陵地。南部に向かうほど高度は増し、南端部、毛無山(1062メートル)などが連なる中国山地の分水界で広島県と接する。市域の斐伊川本流沿いや西部の三刀屋川沿いは、古くから出雲地方と備後地方を結ぶ陰陽往来の重要な道筋で、現在、国道54号がおおむね三刀屋川沿いに縦断し、これから分岐する314号が斐伊川本流沿いを通って奥出雲町・広島県へ向かう。松江自動車道の三刀屋木次、吉田掛合の2つのインターチェンジがある。JR木次線が蛇行しながら市域北半を走り抜ける。
 北部の加茂岩倉(かもいわくら)遺跡(国指定史跡)から一括出土した39個の銅鐸は国宝に指定。赤川南岸の神原神社(かんばらじんじゃ)古墳からは、景初3年(239)銘の鏡が出土し(出土品は一括して国指定重要文化財)、卑弥呼の鏡として注目をあびた。中世、三刀屋城に拠った三刀屋氏(諏訪部氏)が一帯に勢力を振るった。雲南地方は古くから優秀な山砂鉄の産地で、これを原料とする鑪(たたら)製鉄も早くから行われていた。江戸時代中期以降、山砂鉄採取のため鉄穴(かんな)流しが盛行。鉄穴流しは大量の土砂を流出させるため、斐伊川の下流部では川床が高くなる弊害があり、市域平野部でもたびたび洪水に見舞われている。江戸時代、北部の低丘陵地では茶・木綿・薬用人参、南部の山間部では薪炭、和紙、鉄などが特産品で、これらを扱う木綿市(加茂、三刀屋、大東)、紙市(大東、木次)などが開かれた。鉄の運搬には斐伊川の舟運が活用されたが、牛馬の需要も多く、加茂や三刀屋の牛馬市も盛況であった。鉄は木次市場の主要商品で、江戸時代末期から明治期にかけて木次千歯(千歯扱(せんばこき))は全国に知られた。大東地区では第二次世界大戦前から特殊鋼の原材料となるモリブデン鉱山が稼働し、一時期、日本一の産出量を誇った(1973年閉山)。近年は稲作のほか、茶、果樹、野菜、花卉の栽培、養鶏・畜産業が盛んだが、林業は低迷している。木次地区や加茂地区では工業団地が整備され、製造品出荷額等は県内有数。南部の山間部では過疎化が顕著となる一方で、北部では松江市、出雲市のベッドタウン化もみられる。斐伊川流域は記紀神話におけるスサノオノミコトによるヤマタノオロチ退治の舞台となった。市域にもこの神話に関連する伝承地が数多くあり、観光資源となっている。赤川沿いの海潮(うしお)温泉、斐伊川沿いの湯村(ゆむら)温泉(出雲湯村温泉)はともに『出雲国風土記』にも記された古い温泉。松江藩鉄師筆頭の田部家が経営していた数多い「たたら」(砂鉄精錬場の総称)の中心であった「菅谷たたら山内」(山内はたたたら製鉄を営む場所の総称)は国指定重要有形民俗文化財。飯石川には雲見滝(くもみのたき)が掛かり、三刀屋川の支流に掛かる八重滝と竜頭(りゅうずが)滝は竜頭八重滝県立自然公園の一部。面積553.37平方キロメートル、人口4万1917(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲南(市)の関連情報