コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲南[省](読み)うんなん

百科事典マイペディアの解説

雲南[省]【うんなん】

中国西南部の省。簡称は【てん】。省都昆明。東部は高原状となっているが,西部は梅里雪山(6740m),玉竜雪山(5596m)などの高峰がきびすを接し,その間を金沙江(長江の上流),瀾滄江(メコン川),怒江(サルウィン川)などの大河が深い峡谷を形作って流れている。南部は気候が温和で,シーサンパンナ(西双版納)は植物の宝庫とされる。農産物は米,小麦,トウモロコシ,葉タバコ,茶などの他,松茸も産する。スズ,銅などの鉱物資源も豊富で,西部の大理一帯は古くから大理石の特産地として知られている。中華人民共和国成立後は鉄鋼,機械,電力などの工業も急速に発展した。交通は昆明を中心に昆貴(昆明〜貴州),成昆(成都〜昆明)およびベトナムのハノイにつながる昆河(昆明〜河口)の三鉄路とチベットに向かう【てん】蔵公路,ミャンマーに向かう【てん】緬公路がある。中国で少数民族が最も多い省で,イ(彝)族ペー族タイナシ族リス族など20余の少数民族が人口の30%以上を占める。近年の改革・開放政策のもとで東南アジアなどとの通商や観光開発が活発になっている。39万4000km2。4576万人(2014)。
→関連項目大理国磚茶

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うんなん【雲南[省] Yún nán shěng】

中国西南部にある省。略称は滇(てん),雲。面積39万4000余km2,人口3990万(1995)。2地区級市,7地区,8自治州からなり,さらにこれらが127県級行政地域(4市轄区,15市,79県,29自治県)に区分されている。省都は昆明。北はチベット自治区,四川省,東は貴州省,広西チワン族自治区,南はベトナム,ラオス,西はミャンマーと接し,少数民族が30%をしめる。
[自然]
 雲南省はほぼ北高南低の地勢で,北西部の横断山脈部,東部の雲南高原および南部山間・河谷盆地部に区分できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android