『平家物語』(読み)ヘイケモノガタリ

とっさの日本語便利帳の解説

作者不詳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。\(一二一八頃)
作者、成立年未詳。和漢混交文で平家一門の栄華滅亡を描く、鎌倉初期成立の軍記物語。数多くの異本は、琵琶法師による語りのためのもの(『平曲』)と読むためのものとに大別される。平家一門の繁栄、悪行ぶりから、都落ち、滅亡までを描く。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android