げっそり

精選版 日本国語大辞典「げっそり」の解説

げっそり

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① にわかに減少するさま、また、顔、体などがにわかに痩せ衰えるさまを表わす語。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一一(1761)鶴一「宿下りに畑壱枚けっそりし」
② 疲労や興奮のあとなどで、急激に気力の衰えるさまや、辟易していやになるさまを表わす語。がっくりがっかり
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉三「彼等はいち時げっそりしても何時までもそんなことに辟易しない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「げっそり」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android