コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のろし(狼煙) のろし

世界大百科事典 第2版の解説

のろし【のろし(狼煙)】

遠方から合図を送る手段として発煙,発火により緊急事態を伝達する方法。古来とりわけ戦時の急を要する連絡用として用いられた。中国,日本ののろしが知られるが,ヨーロッパやアメリカにおいても,のろしはコミュニケーションの手段として古くから用いられた。のろしの原理は自然現象にもみられ,煙と火を噴き上げるイタリアなどの活火山は,地中海を航行する船に昼夜を問わず方位を知るための便を供した。のろしの実例としてはアメリカ・インディアンの例がなじみが深いが,1世紀にローマ帝国の侵入をうけたイギリスのピクト人が危険を知らせるために用いた例などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内ののろし(狼煙)の言及

【オオカミ(狼)】より

…風が穀物畑をわたるときオオカミが走るといわれ,オオカミは〈穀物狼〉とか〈麦狼〉と呼ばれて穀物畑の生長霊とみなされることもあり,同時に畑に入らないようにとの〈子おどし〉にもなっていた。狼男【谷口 幸男】
[中国]
 北方の遊牧民,狩猟民はオオカミの糞をたいてのろしにした。〈狼火〉〈狼煙〉といい,風が吹いてもまっすぐに上がるという。…

※「のろし(狼煙)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

のろし(狼煙)の関連キーワード狼燧

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android