ルソー(読み)るそー(英語表記)Jean-Jacques Rousseau

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルソー(Jean-Jacques Rousseau)
るそー
Jean-Jacques Rousseau
(1712―1778)

18世紀フランスを代表する思想家、小説家。[原 好男]

模索時代

ジュネーブに6月28日、フランス系スイス人の時計職人の子として生まれる。誕生と同時に母を失う。父親は子育てにあまり熱心ではなかった。1728年、ルソーはジュネーブを出奔、バラン夫人Mme de Warens(1700―1762)の庇護(ひご)を受け、カルバン派の新教徒からカトリックに改宗、以後、1742年パリに向かうまで、自立の道を求め、さまざまな仕事を試みるが、成功しなかった。この間の努力の軌跡として、自然科学、教育などの分野の論文、詩、音楽、演劇などが残っている。
 1750年『学問芸術論』がディジョンのアカデミーの懸賞論文募集で入賞するまで、1743年から1744年の、ベネチア駐在フランス大使の秘書を務めたのを除いて、パリで秘書や家庭教師をしながら、音楽を主とした活動を続けた。また、ディドロ、コンディヤックなどと知り合いになり、当時としては最新の思想に触れ、ディドロ、ダランベールが計画する『百科全書』の音楽の項目の執筆を担当することになる。音楽とのかかわりは一生続くが、代表的な作品は、1752年フォンテンブロー宮殿において、ルイ15世とポンパドゥール夫人の前で上演された『村の占い師』である。1745年、一生の伴侶(はんりょ)となり1768年に結婚するテレーズ・ルバスールThrse Levasseur(1721―1801)と知り合い、同棲(どうせい)を始める。テレーズとの間に5人の子供が誕生、すべて孤児院へ送られる。捨て子は当時珍しいことではなかったが、この事件は、将来、ルソーの心の重荷となる。[原 好男]

著作活動

ルソーの名前を世間の人々にあまねく知れ渡らせることになる『学問芸術論』(1750)は偶然のきっかけで執筆された。バンセンヌの牢獄(ろうごく)に入れられているディドロに面会に行く途中、雑誌に掲載されていた、懸賞論文の題目、「学問芸術の進歩は、風俗の腐敗に寄与したか、それとも純化に寄与したか」を目にしたことに始まる。後年、ルソーはこのときのことを回想し、「別の世界を見、別の人になった」といっているように、『学問芸術論』でとったルソーの立場は、それまでのルソーの生き方から生まれてくるとは思えないものであった。1754年にはジュネーブに帰国。のち市民権を回復し、新教徒に戻る。
 学問、芸術、技術の進歩は人間を堕落させ不幸にするというルソーの『学問芸術論』の主張は、やはりディジョンのアカデミーの懸賞論文応募作品で、1755年に出版される『人間不平等起源論』においては、人類の歴史の歩みのなかで示されることになる。同年『百科全書』第5巻に「政治経済」の項目を執筆。この作品は、のちに『政治経済論』として、1758年独立して公刊される。『学問芸術論』と『人間不平等起源論』における主張は、進歩を謳歌(おうか)する当時の時代思潮、百科全書派の思想と対立するものであるとともに、ルソー自身の生き方を問い直すものともなり、楽譜の写譜で生活の糧(かて)を稼ぐことにし、1756年にはパリを離れる。
 このパリ北郊での隠棲のなかで、『演劇に関するダランベール氏への手紙』(1758)、『新エロイーズ』(1761)、『社会契約論』(1762)、『エミール』(1762)が書かれる。『演劇に関するダランベール氏への手紙』は、『百科全書』の第7巻に含まれる「ジュネーブ」の項目において、執筆者のダランベールがジュネーブに劇場の建設を提案したのに対して、反論を展開したものであるとともに、「序文」のなかで、最大の親友であったディドロとの決別を公表する。
 『社会契約論』は、『人間不平等起源論』が不平等をその存続の基盤とする社会およびそこでの人間のあり方を告発していたのに対して、人間の平等を基盤にした社会をどのようにして創出するかを論じたもので、その影響はフランス革命から現代のカストロによるキューバ革命にまで及ぶ。『エミール』は、不平等な社会のなかで人間が自立して生きていくには、いかなる教育を与えて育てればよいかが示されている。『社会契約論』と『エミール』では、ルソーの関心はまったく別の方向に向かっている。前者の着想が『人間不平等起源論』以前にさかのぼれることからも、後者のほうが、パリを離れて以来のルソーの考えをよく表すものとなっている。[原 好男]

逃亡者

『社会契約論』および『エミール』は発刊後パリやジュネーブなどで、社会の秩序を乱し、キリスト教の教えを破壊するという理由で禁書処分を受けた。ルソー自身にも逮捕状が出され、スイス、イギリス、フランスと各地をさまよい、逃亡者として放浪の生活を送る。深まる孤独のなかで、被害妄想に悩まされながら、世間の自分に対する誤解を解こうと、1765年ころから『告白録』の執筆を始め、1770年完成とともに、ひそかな許可を得て、パリに戻り、朗読会を行うが、期待していたような反応は得られなかった。そのため、さらに自伝的作品『ルソー、ジャン・ジャックを裁く――対話』(1772~1776年執筆)を書き、未完の絶筆『孤独な散歩者の夢想』(1776~1778年執筆)において、孤独な現状を確認し、過去の幸せな時期を回想しながら、1778年7月2日オアーズ県エルムノンビルで生を閉じる。[原 好男]

ルソーと日本

明治維新後、自由民権運動とともに中江兆民による翻訳もある『社会契約論(民約論)』のルソーが、明治後期には、自然主義の文学者島崎藤村などに『告白録』のルソーが、教育界には『エミール』のルソーが、影響を及ぼしてきた。[原 好男]

音楽家としてのルソー

自ら「音楽は恋と並ぶもうひとつの情熱であった」(告白録)と述べているように、ルソーは生来音楽家であることを公言し、終生写譜家の職に甘んじた。幼少から音楽に関心を示したが専門教育は受けず、青年時代にアヌシーでバラン夫人から手ほどきを受けた以外は、ほとんど独学で音楽を習得した。
 1742年にパリで発表した『音楽新記号案』は、五線譜の煩雑さを解消するための数字譜の提案であるが、これは今日なお命脈を残すものの試論に終わった。この年から翌1743年にかけてのベネチア旅行により、イタリア音楽の魅力に開眼し、また初の劇作品であるオペラ・バレエ『優雅なミューズたち』(1743~1745)を作曲した。1750年ごろから友人ディドロの要請で『百科全書』の音楽項目を執筆し始め、これらをまとめて1768年に『音楽辞典』として出版した。これは18世紀の音楽思想を知るための重要な原典の一つとなった。
 1752年から1754年まで、パリの音楽論壇を二分するいわゆる「ブフォン論争」Querelle des Bouffonsが起こるが、ルソーは、このイタリア音楽対フランス音楽の優劣論争におけるイタリア派の領袖(りょうしゅう)として、ラモーらに対して過激な論陣を張り、『フランス音楽に関する手紙』(1753)においてフランス音楽を鋭く糾弾した。その一方で幕間劇(インテルメッツォ)『村の占い師』(1752)を作曲、ルイ15世の御前で初演し大成功を収めた。この一幕オペラはその後80年間オペラ座のレパートリーになり、また曲中のバレエ場面の器楽曲は『むすんでひらいて』の原曲として知られる。音楽作品としては未完のオペラや器楽曲など若干が残されている。ルソーの音楽思想は、その後にいろいろな形で波紋を投げかけた。[船山信子]
『『ルソー全集』14巻・別巻2(1978~1984・白水社) ▽カッシーラー著、生松敬三訳『ジャン=ジャック・ルソー問題』(1974・みすず書房) ▽グレトゥイゼン著、小池健男訳『ジャン=ジャック・ルソー』(1978・法政大学出版局) ▽吉澤昇他著『ルソー 著作と思想』(有斐閣新書) ▽新堀通也著『ルソー再興』(1979・福村出版) ▽中川久定著『甦るルソー』(1983/特装版・1998・岩波書店) ▽海老沢敏著『ルソーと音楽』(1981・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルソーの関連情報