古川[町](読み)ふるかわ

百科事典マイペディア「古川[町]」の解説

古川[町]【ふるかわ】

岐阜県北部,吉城(よしき)の旧町。古川盆地の大部分を占め,主集落古川高山富山を結ぶ越中の西街道の中継地で,古川盆地の物資集散地・中継地として発達高山本線が通じ,木工業が盛ん。〈起こし太鼓〉で有名な気多(けた)若宮神社,スキー場がある。2004年2月吉城郡河合村,宮川村,神岡町と合併し,飛騨市となる。97.44km2。1万6462人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「古川[町]」の解説

ふるかわ【古川[町]】

岐阜県北部,吉城(よしき)郡の町。人口1万6035(1995)。飛驒高地の北部にあって,古川盆地の中心部を占め,中央を神通川上流の宮川が流れる。宮川沿いに国道41号線と高山本線が通じる。中心集落の古川は中世後期に飛驒国司家の姉小路(あねがこうじ)氏の拠点となり,近世には高山と富山を結ぶ越中西街道の中継地として栄えた。農林業を主とし,耕地に乏しい飛驒地方の中心的な米作地帯である。木工業,製薬業が立地し,高山市への通勤者も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android