大田(読み)おおた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大田(大分県)
おおた

大分県北東部、西国東(にしくにさき)郡にあった旧村名(大田村(むら))。現在は杵築(きつき)市の北東部にあたる地域。旧大田村は、1954年(昭和29)朝田(あさだ)村、田原(たわら)村が合併して改称。2005年(平成17)杵築市に合併。国東半島のほぼ中央部に位置し、半島首部の地塁と両子(ふたご)火山南側放射山稜(さんりょう)に囲まれた盆地と、2条の放射谷の米麦作が主産業。ほかに肉用牛、シイタケ、クリも知られている。文化財が多く沓掛(くつかけ)の田原家五重塔、小野の財前家(ざいぜんけ)宝塔、石丸(いしまる)の宝塔はいずれも鎌倉時代から南北朝時代の石造品で、国指定重要文化財。また白鬚(しらひげ)神社(白鬚田原神社)のどぶろく祭は県選択無形民俗文化財。[兼子俊一]
『酒井富蔵著『大田村誌』(1966・大田村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大田の関連情報