コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川内[町] かわうち

4件 の用語解説(川内[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

川内[町]【かわうち】

青森県下北郡,下北半島西部の旧町。南は陸奥(むつ)湾に面し,ほとんど山地で耕地が少なく,ヒバ材の製材が盛ん。ホタテの養殖も行う。むつ市からバスが通じる。2005年3月下北郡大畑町,脇野沢村とむつ市へ編入。

川内[町]【かわうち】

愛媛県中部,温泉郡の旧町。大部分山地で重信川上流域に低地がある。米麦,野菜,花卉(かき)を産し,畜産も行う。国道11号線が通じ松山市とバスで連絡。白猪(しらい)ノ滝がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわうち【川内[町]】

青森県北部,下北郡の町。人口6193(1995)。斧形をした下北半島の斧頭部にあり,陸奥湾に面する。下北山地が大部分を占め,町域の95%は山林である。中心の川内は近世にヒバ材の積出港として発展した。川内川中流の安部城には大正年間に硫化鉄鉱安部城鉱山が開発され最盛期には従業員約1000人を擁したが,昭和に入って産出量が減少し,1952年に休山した。川内川沿いにわずかな耕地があるが,農業はあまり振るわず出稼ぎが多い。

かわうち【川内[町]】

愛媛県中央部,温泉郡の町。人口1万0541(1995)。重信川の源流部を占め,東縁は伊予灘に注ぐ重信水系と燧(ひうち)灘に注ぐ中山水系の分水界をなす。中央を重信川が西流し,松山平野南東端の低地が開ける。谷口集落の川上は松山,西条,面河(おもご)へ至る交通の要地で,近世には宿場が形成され,商家が立ち並び,伝馬屋も置かれた。農林業が町の基幹産業で,米麦作のほか,ミカン,野菜の栽培,養蚕が行われる。近年松山市への通勤者が増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone