コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田[市] ひらた

百科事典マイペディアの解説

平田[市]【ひらた】

島根県北東部,島根半島西部を占める旧市。1955年市制。斐伊(ひい)川左岸にある中心市街は松江・出雲両市,大社町(現・出雲市)を結ぶ一畑電車が通じ,藩政時代雲州木綿の市が立ち,大集散地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひらた【平田[市]】

島根県北部,島根半島の基部にある市。1955年市制。人口2万9707(1995)。北は日本海,南東は宍道(しんじ)湖,南は斐伊(ひい)川に臨む。かつては宍道湖を走る松江からの船の便があったが,現在は松江市から宍道湖北岸沿いに出雲市,大社町に至る一畑(いちばた)電鉄が通る。平野部は水害常襲地で,宅地は盛土で高くしている。出雲平野の綿作を背景に近世には市場町として木綿が取引され,18世紀後半には大坂市場で好評を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

平田[市]の関連キーワード鰐淵寺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android