コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文帝[南朝宋] ぶんてい[なんちょうそう]Wen-di; Wên-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文帝[南朝宋]
ぶんてい[なんちょうそう]
Wen-di; Wên-ti

[生]義煕3(407)
[没]元嘉30(453)
中国,南北朝のの第3代皇帝 (在位 424~453) 。武帝の第3子。姓名は劉義隆。兄少帝が廃されたのち,百官に擁立されて即位。即位後,徐羨之ら寒士出身の高官を殺し,王弘,王曇首らの貴族を重用し,文治を主としたはなやかな「元嘉の治」を現出した。文帝時代は南朝にはまれな安定期であったが,貴族制をゆるがすような庶民層の台頭があり,また対外政策には失敗が多かった。元嘉 27 (450) 年に北魏の侵攻を受けてから国力が急速に衰え,やがて皇太子劉劭 (りゅうしょう) に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

文帝[南朝宋]の関連キーワードコンスタンチヌス選択債権100歳以上人口パンデミック有期雇用者県人口の推計特殊詐欺被害赫連勃勃大夏ヒギエア

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android