コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文帝[隋] ぶんてい[ずい]Wen-di; Wên-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文帝[隋]
ぶんてい[ずい]
Wen-di; Wên-ti

[生]大統7(541).6.13. 馮翊
[没]仁寿4(604).7.13. 岐州
中国,隋の第1代皇帝 (在位 581~604) 。姓名は楊堅。廟号は高祖。漢人の名族弘農華陰の楊氏の系統を称するが,北鎮に居住し鮮卑族と混血した武将の家柄出身。父楊忠は西魏の功臣十二将軍の一人で,隋国公に封じられた。堅は娘が北周の宣帝の妃となると外戚として実権を握り,輔政の立場からやがて廷臣劉 昉,鄭訳らに擁立され,北周の宗室や反抗する武将尉遅迥 (うっちけい) らを破り,禅譲を受けて隋朝を建てた。帝は高けい,李徳林ら有能な臣僚をよく用い,「開皇律令」を発布して国制を整備し,六朝以来の九品中正制 (→九品官人法 ) を廃止し,科挙制を推進して貴族制を押えた。また州郡の重複を整理して一本化し,郷官を廃止し,中央吏部の官僚人事権を確立するなど中央集権を強めた。開皇9 (589) 年陳を平定して全国土を統一,北方の強敵突厥には懐柔策をもってあたった。内は節倹に努め,均田,租調役,府兵,郷里制により人民支配体制を確立,国富の充実をもたらした。政治に熱心であったが,疑い深く,王子や高官をしばしば退け,太子楊勇を廃し,広 (のちの煬帝〈ようだい〉) を太子とするなどのちに禍根を残した。文献皇后の嫉妬のため,自由がきかなかったのも有名。最後は太子広に暗殺されたとの説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

文帝[隋]の関連キーワード北周

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android