栄(町)(読み)さかえ

日本大百科全書(ニッポニカ)「栄(町)」の解説

栄(町)
さかえ

千葉県北部、印旛郡(いんばぐん)にある町。利根(とね)川下流右岸にある。1955年(昭和30)安食(あじき)町と布鎌(ふかま)村が合併して成立。町名は、町の繁を願ってつけられた。町域の大半は利根川と印旛沼の低地からなり、南東部は台地へと続く。JR成田(なりた)線と国道356号が通じ、若草大橋有料道路が利根川に架かり茨城県利根町と結ぶ。台地上には国指定史跡の岩屋古墳をはじめ、大小120基もの竜角寺古墳群(りゅうかくじこふんぐん)がある。奈良前期の竜角寺塔跡も国指定史跡であり、一帯は県立房総のむらとして整備され、資料館を中心に、明治時代の学校建築として貴重な学習院初等科正堂など各種の建造物も移築されている。1670年(寛文10)町西部の利根川沿岸の川中島をなす低湿地帯が開発され、南部の印旛沼の逆デルタ上にも多数の新田集落が発生した。安食は利根川水運の河港として栄え、江戸中期以後は成田参詣(さんけい)の拠点となったが、明治以後は衰退。低地が広いので水稲中心の農業地帯として性格づけられ、近年野菜の生産が増えている。成田国際空港のある成田市の西隣にあるため、1980年代に竜角寺台、安食台などの住宅団地や北東部の利根川南岸に工業団地が造成され、人口が急増した。面積32.51平方キロメートル、人口2万1228(2015)。

[山村順次]

『『栄町史資料集1』(1972・栄町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android