コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄[町] さかえ

4件 の用語解説(栄[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

栄[町]【さかえ】

千葉県北部,印旛(いんば)郡の町。北の茨城県境を利根川が東流,南部は印旛沼に面し,町域はおおむね平地。主集落の安食(あじき)は近世利根川筋からの成田山参拝路にあたり宿場町として栄えたが,成田線開通後は成田市に商圏を奪われて一時衰微。

栄[町]【さかえ】

新潟県中部,南蒲原(みなみかんばら)郡の旧町。南に見附(みつけ)市,北に三条市と接する。信越本線,国道8号線が通じる。稲作が盛ん。鉄鋼,金属などの企業が進出し,工業団地も造成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかえ【栄[町]】

千葉県北部,印旛(いんば)郡の町。人口2万5615(1995)。利根川南岸に位置し,南は印旛沼に面する。中心集落の安食(あじき)は明治中期まで利根川水運を背景にした印旛沼東岸地域の交易中心地で,成田山参詣の宿場町でもあったが,鉄道開通後は成田に商圏を奪われ衰退した。耕地の大部分を水田が占め,米作が盛んであるが,近年は野菜の生産もふえている。1973年の成田線電化を契機に安食駅周辺で住宅地開発が進められ,人口が増加している。

さかえ【栄[町]】

新潟県中部,南蒲原郡の町。1981年町制。人口1万1876(1995)。信濃川と刈谷田(かりやた)川の合流点東岸にあり,東部は魚沼丘陵西麓にあたる。東部は古くは大面(おおも)荘と呼ばれ中越平野開発の拠点であった。西部は近世に開発された新田地帯で,低湿地のためたびたび水害で悩まされた。特に1961年の第二室戸台風では大きな被害を受けたが,国営刈谷田川右岸用排水事業により乾田化され,良質米の産地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone