総社[市](読み)そうじゃ

百科事典マイペディアの解説

総社[市]【そうじゃ】

岡山県南部の市。1954年市制。岡山平野の高梁(たかはし)川流域を占め,備中(びっちゅう)国府,国分寺がおかれ吉備(きび)文化の中心であった。中心市街の総社は備中総社の鳥居前町として発達,伯備線が通じ,吉備線,井原鉄道が分岐。かつては伝統的な備中売薬や阿曾(あぞ)の鋳物で知られたが,高梁川左岸に水島工業地帯の延長の紡績・自動車部品工業団地ができ,さらに食品工業などの進出で近年は県下有数の内陸工業地域を形成している。また,1996年岡山自動車道供用開始で高速交通網が4方向へと延び,地位の重要性がさらに高まっている。農業では平野部で米,野菜,吉備高原での富有ガキ,ブドウ,モモの栽培が盛ん。1993年には岡山県立大学が開学。作山(つくりやま)古墳,備中国分寺跡,同国分尼寺跡(いずれも史跡),絶壁と石柱が奇観を呈する豪渓(名勝)がある。2005年3月都窪郡山手村,清音村を編入。211.90km2。6万6201人(2010)。
→関連項目岡山県立大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうじゃ【総社[市]】

岡山県南部の市。1954年総社町と阿曾(あぞ),池田,久代(くしろ),山田,新本(しんぽん),常盤の6村が合体,市制。人口5万6097(1995)。岡山平野北西部と吉備高原南部を占め,高梁(たかはし)川が南流する。岡山市とともに古代吉備文化の中心地で,作山(つくりやま)古墳,備中国分寺(江戸時代の再建),備中国分尼寺跡,備中国府跡,備中総社宮などがあり,岡山市西部とまたがる吉備路風土記の丘県立自然公園に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android