コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長浜[市](読み)ながはま

百科事典マイペディアの解説

長浜[市]【ながはま】

滋賀県,琵琶湖北東岸の市。湖上の竹生(ちくぶ)島も市域に含まれる。1943年市制。北陸本線,北陸自動車道が通じる中心市街は1573年豊臣秀吉の長浜城の城下町として発足。廃城後は商工港町となり,養蚕地帯を背景に浜縮緬(ちりめん)などの機業が発達。第2次大戦後は機械,合成樹脂,合板などの工業も興った。琵琶湖経由の鉄道連絡船で大津と結ばれた時代の長浜駅舎は鉄道記念物。1993年に琵琶湖がラムサール条約登録湿地となる。2006年2月東浅井郡浅井町,びわ町を,2010年1月東浅井郡虎姫町,湖北町,伊香郡高月町,木之本町,余呉町,西浅井町を編入。681.02km2。12万4131人(2010)。
→関連項目国友

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながはま【長浜[市]】

滋賀県北東部,琵琶湖の北東岸に位置する市。1943年市制。人口5万7082(1995)。中世は八幡荘今浜と呼ばれ,佐々木京極氏の部将今浜氏居館の地であった。1573年(天正1年)戦国大名浅井氏滅亡後,その旧領坂田,浅井,伊香3郡の大部分を領有した羽柴(豊臣)秀吉は,坂田郡今浜に築城して長浜と改名,旧小谷(おだに)城下から一部の寺社や町を移し,南北に碁盤目割りの城下町を形成した。82年本能寺の変後,湖北は柴田勝家領となり,長浜城には甥の柴田勝豊が在城したが,翌83年の賤ヶ岳(しずがたけ)の戦後,再度秀吉の手に帰した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の長浜[市]の言及

【滋賀[県]】より

…一方,70年に三上藩遠藤氏が和泉国へ移ったが(吉見藩),新たに羽前国山形藩水野氏が移封されて朝日山藩として立藩した。71年廃藩置県を経て大津,膳所,水口,西大路諸県が大津県に,彦根,山上,宮川,朝日山諸県が長浜県に統合され,近江はほぼ南北に二分された。翌年大津県は滋賀県,長浜県は犬上県と改称,さらに滋賀県が犬上県を併合して現県域が成立した。…

※「長浜[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android