コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静穏 セイオン

デジタル大辞泉の解説

せい‐おん〔‐ヲン〕【静穏】

[名・形動]
静かで穏やかなこと。また、そのさま。「静穏な日々」
風速毎秒0.2メートル以下で、風力階級0の無風状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいおん【静穏】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
しずかでおだやかな・こと(さま)。気象用語では、煙がまっすぐに昇る程度の気流状態。 「 -な海」 「 -な老後を送る」 → 風力階級

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の静穏の言及

【風】より

…方向は北を基準として16方位または8方位で示され(図1),さらに詳しく表示する場合には北から時計回りに360度までの角度が用いられている。さらに地上気象観測法では0.2m/s以下では〈静穏〉として風向は測定しないことになっている。 風は日常生活のほか,古くから航海,漁業,農業と深い関係をもっているので注目されてきたが,特に四季の明確な日本では風の吹く時期,方向,風土との関係が重視され,信仰の対象ともされたこともあって多くの風に関連した故事,ことわざが残されている。…

※「静穏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

静穏の関連キーワードレッドフィールド(William Redfield)集団的過熱取材に関する日本新聞協会編集委員会の見解成田空港機能強化をめぐる見直し案国際測地学地球物理学連合ニコ ピロスマナシビリクワイエット・ゾーンドーナツ現象[地震]国会周辺静穏保持法国際静穏太陽観測年ハンス シュティレトランキライザーチャゴス[諸島]ピロスマナシビリクロルメザノンイベント堆積物ペルフェナジンハワイ式噴火亜熱帯無風帯台風・颱風赤道低圧帯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静穏の関連情報