中間(市)(読み)なかま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中間(市)
なかま

福岡県北部にある旧炭鉱都市。1958年(昭和33)市制施行。東部は低い古第三紀夾炭(きょうたん)層の丘陵地で、中央部を北流する遠賀(おんが)川西岸は沖積低地が広がり、JR筑豊(ちくほう)本線(福北ゆたか線)と筑豊電気鉄道が通じる。明治中期までの純農村は、明治末期には岩崎、新手(あらて)、大隈(おおくま)鉱業などの開鉱により炭鉱町として発展したが、1964年の大正鉱業中鶴(なかつる)炭鉱の閉山を最後に炭鉱は姿を消した。1762年(宝暦12)に完成し明治期の石炭輸送に活用された堀川運河(ほりかわうんが)、唐戸水門(からとすいもん)やボタ山が当時のおもかげをとどめているにすぎない。現在は産炭地振興の工業団地が造成されて企業誘致が進む一方、北九州市のベッドタウンとして宅地化が著しい。米麦作が中心で、キャベツなどの野菜栽培も行われている。見どころとして桜の名所垣生(はぶ)公園があり、園内に羅漢百穴(らかんひゃっけつ)とよばれる古墳群がある。1989年(平成1)旧国鉄香月線の跡地を利用して緑道公園「屋根のない博物館」がつくられた。面積15.96平方キロメートル、人口4万1796(2015)。[石黒正紀]
〔世界遺産の登録〕2015年(平成27)、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、官営八幡製鐵(せいてつ)所関連施設が世界遺産の文化遺産に登録された。[編集部]
『『中間市史』全3巻(1978~2001・中間市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android